2016.11.26更新

こんにちは!!

先日は11月にも関わらず、雪が降りいよいよ冬になってきました!

寒くなってくると身体も固くなりケガをしやすくなってきたり、

コリも強くなってきます。

このような時期こそ普段のセルフケアがすごく重要になってきます。

 

そこで、今回は前回お話ししたストレッチの中から
静的ストレッチについて詳しくお話ししていきます!!

静的ストレッチとは?


 

静的ストレッチは前回も軽くお話しした通り
皆さんがストレッチで想像される一般的なストレッチのことで、
可動域いっぱいまで筋肉を伸ばして数十秒キープさせるやり方です。

静的ストレッチの一番の目的として、老廃物・疲労物質の排除があります
なので、静的ストレッチを行うタイミングとしては運動後になります


静的ストレッチを行っていくうえで重要となるポイント!!


 

・痛みが出るところまでは伸ばさない
・リラックスして行う
・反動をつけない
・呼吸を止めない
の4点が挙げられます。
この4点を守ることで効率的に老廃物が排除され、柔軟性の向上などが期待されます。

しかし、静的ストレッチは瞬発的な動きを必要とする
スポーツなどの前に行うのは効果的ではないと言われています。

運動前に行うと、身体がリラックスすることもあり、
筋肉も緊張感がなくなるため瞬発的な動きが発揮しにくくなります。
そのためパフォーマンス低下などに繋がってしまいます。

最後に…


 

あまり運動していない人でもストレッチを毎日続けることで
色々な効果があるので、タイミングやポイントに注意して続けてやってみましょう!!

次回は動的ストレッチについてお話ししたいと思います!!

2016.11.18更新

せせらぎ鍼灸整骨院をいつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

 

年末年始にあたり、誠に勝手ながら下記の日程を休診とさせていただきます。

ご不便・ご迷惑をお掛けしますが、ご理解のほど、よろしくお願い致します。

今年一年のご愛顧に感謝を申し上げますとともに、皆様のご多幸をお祈りいたします。

 

休診期間:12月29日(木)~1月3日(火)

※12月28日・1月4日は通常営業しております。

 

休診期間にもインターネットでのご予約は承っております。

新年のご予約にぜひ、ご利用下さい。

2016.11.12更新

こんにちは!!

ご無沙汰しています。

最近は急に寒くなってきて、体調の管理が難しい時期になり

ケガも多くなってくる時期です。

皆様は運動されている方は運動後、

運動されてない方も日頃、身体のケアはされていますか?

ケアにもいろいろありますが、
今日はケアの中でも代表的な例である
ストレッチについてお話していきます!!

○ストレッチの種類


 

単に、ストレッチと言ってもかなりたくさんの種類があります。

ストレッチは大きく分けて
①静的ストレッチ
②動的ストレッチ
の2種類に分けることが出来ます

今回は二つのストレッチの違いと使うタイミングについてです

○2つのストレッチの違いとは?


 

静的ストレッチは一般的に皆様が想像するようなストレッチで
前屈など一定のところまで筋肉を伸ばして
少しの時間キープさせるストレッチのことです
静的ストレッチで期待される効果として
・柔軟性を上げる
・リラックスさせる
・血行を良くする
・疲労物質の排除
などがあります。

それに対して動的ストレッチは代表的なもので言うと
ラジオ体操のように動きを加えて
自然に筋肉を伸ばすとともに、筋肉を温める効果があります
動的ストレッチで期待できる効果は
・事故やケガの予防
・スポーツにおけるパフォーマンス向上
・筋肉に刺激を与える
などがあります。

○2つのストレッチの使うタイミングは?


 

運動前や筋肉が眠ってしまっている朝などの
運動や活動の準備をするためには動的ストレッチ
運動後や筋肉が疲れている時などの
リラックスや疲労回復のためには静的ストレッチが有効です。

運動前の静的ストレッチは、特に最近あまりよくないと言われていて
パフォーマンスを低下させたり、瞬発的な動きに悪影響があると言われています。

このようにストレッチ一つでもタイミングが重要となってきます

タイミングや効果を理解したうえで
正しい方法でストレッチしていきましょう!!

次回からは2つのストレッチについて
1つずつ詳しく説明していきます!!

2016.09.18更新

今回の豆知識は、前回に紹介した水泳障害の中の

スイマーズショルダーについて詳しく説明して行きます!

 

 

スイマーズショルダーとは?


水の抵抗はゆっくり押せば軽く、速く押せば重くなります。

つまり水泳では、自分の筋力以上の負荷はかからないのです。

よって自分の筋力以上の負担がかかりやすい、ウェイトトレーニング等と比べて、筋肉痛にもなりにくいです。

ある程度泳げるようになると、肩を痛めることがあります。

俗にスイマーズ・ショルダーと言われる疾患です。

多くはクロールの反呼吸側の肩に発生しやすいのですが、背泳ぎでも、バタフライでも発生する場合があります。

リカバリーの際、無理な角度で行なうために、肩関節に炎症をおこしている状態です。

 

原因は何?


原因が、キャッチする時に力を入れすぎることです。

とにかく、泳いでいて肩が痛くなるという人は、

徹底して「無理な力を入れない」ということを意識してみてください。

 

予防とセルフケア


対策としては呼吸側を変えるのが一般的ですが、

それでも痛い場合には、練習後にアイシングをしたり、

痛みの酷いときには練習を休むことも必要です。

リハビリとして一般的に言われるようなストレッチは、

よけいに炎症させる可能性もありますので、動作に痛みが伴う時には行わないようにして下さい。

スイマーズ・ショルダーで効果的なのはチューブトレーニングです。

今日は、その一つを紹介します

 

足でチューブの真ん中辺りを踏んでチューブの端っこを左右とも

手でつかみます。そのまま横に上げていくというものです。

1

2

悪い例…

3

これは上げすぎると外側の筋肉も使ってしまうので上げすぎずのにやっていきましょう!

 

 

参考になりましたか?

次回も水泳障害についてです!!

ぜひ参考にしてみてください!!

 

 

 

2016.08.28更新

こんばんわ!!

オリンピックも終わったせいか、だんだんと涼しくなって

運動なども始めやすくなる季節になってきました!!

始めやすい運動の一つの水泳は、一般に、健康によく、怪我や故障の少ないスポーツとして知られています。

高齢者の運動としても、よく水泳が奨励されますし、他の競技種目でも、トレーニングやリハビリとして水泳を取り入れているチームもあるほどです。

水泳は、確かに身体への負担の少ないスポーツですが、だからといって、競泳選手に怪我や故障がまったくないわけではありません。

そこで今回は、水泳で起こりうるケガについていくつか紹介して行きます

 

自由形バタフライに多いスイマーショルダー


「スイマーショルダー」は、「水泳肩」のことです。肩に痛みが出ることで、とりわけ自由形とバタフライの選手に、この症状を訴えるケースが多いです。

クロールやバタフライでは、おもに腕の力で前へ進んでいきます。

腕を回す際、肩甲骨のじん帯などがこすれあい、炎症を起こしやすいのです。その炎症がひどくなると、肩関節に痛みが生じます。

これを防ぐには、まず、陸上トレーニングでチューブなどを使って肩回りの筋肉を鍛えておくこと。

そして、普段からストレッチングやマッサージをして、肩回りの筋肉やじん帯、腱を柔らかく保つ努力をすることです。

また、少しでも痛みを感じたら無理をせずに肩を休ませ、様子を見ることです。

 

平泳ぎ多いブレスストローカーズニー


「ブレストローカーズニー」は、「水泳膝」といわれる膝の痛みで、平泳ぎに多い症状です。

平泳ぎでは水中で膝をひねりながら強く水を蹴ることを繰り返します。

その結果、膝を伸ばす太ももの筋肉などが硬くなり、 

膝内側の靭帯に強い力が働き繰り返す刺激で、周囲に炎症を起こし膝関節痛を生じたものが

「平泳ぎ膝」と考えられています

 

クロールバタフライ背泳ぎ多い腰痛



泳ぐことで、自分の体重が腰にかかることはありません。しかし、水泳選手は、小さい頃から1日に何千メートルも泳ぐ過酷なトレーニングを繰り返しています。

そのため、泳ぐ時、腰を反らせる癖があると、腰に負担がかかってきます。

とくにクロールでは、水中で肘を高くして腕をかきます。そのため、上体が反りやすく、腰にも負担がかかりやすいのです。

この状態で1日に何千メートルも泳ぎ、それを何年も繰り返していると、腰への負担も相当になります。

また、バタフライや背泳ぎでも、その泳法から腰に負担がかかりやすくなります。過酷な練習を繰り返していると、ついには腰が悲鳴をあげることがあります。

その結果、腰が痛くなったり、腰椎が壊れたり(腰椎分離症)、競技生活にも影響が出るほどの故障を起こす選手がいます。

これを予防するには、腰に負担のかからないフォームを身につけること。また、腰の筋肉のストレッチやマッサージをして、常に柔らかく保つ努力をすること。

そして、少しでも痛みを感じたら、練習を休むと同時に、腰に負担のかからないフォームに修正することです。

 

というように水泳で起こりうるケガについていくつか紹介して行きました!!

次回からは、今回紹介した3つのケガについて詳しく紹介して行きたいと思います。

予防やセルフケアについても紹介していくので、是非参考にしてみてください!!

2016.08.14更新

こんばんわ!!

オリンピックも開幕し、皆さんのスポーツへの興味も大きくなってるのではないでしょうか?

オリンピックもそうですが、夏の甲子園も始まっています!!

その中、今回も野球に関することで、野球肩についてお話しして行きます!!

 

野球肩のどんなケガ??


 

野球肩の原因は、『けが(外傷)』『使いすぎ(オーバーユース)』の2つに分けられます。

症状としては・・・

1.けが(外傷)による肩の痛み
けが(外傷)の場合、はっきりとした症状がある場合がほとんどです。
たとえば、外野から思い切りバックホームしたら肩が抜けそうに痛みが走ったとか、

ピッチャーが速球を投げたら肩が”バキッ”と音がして、痛くてマウンドにしゃがみこんだなどがその例です。
これは、

・肩の亜脱臼

・関節唇損傷

・腱板損傷

・骨折

などが起きたと考えられます。

2.使いすぎによる肩の痛み
野球肩のもう一つの原因は、使いすぎ(オーバーユース)による障害です。
毎日ボールを投げていると、知らないうちに肩が痛くなってきたという例で、
特にピッチャーやキャッチャーといったボールを投げる頻度が多いポジションに多いです。

 

セルフケアが大事!!


野球肩は、ほとんどの場合が使いすぎ(オーバーユース)により起こりますが、

毎日投げた後、投げる前にケアをすることで野球肩の予防になります。

そのセルフケアをいくつか紹介します!!

①頭の上で手のひらを揃えておろしながら、

手のひらも外側に向けていく。

あ

       ↓ ↓ ↓

z

②肘と肩両方とも90℃に曲げ、逆の腕で下に曲げていく。

b

     ↓  ↓  ↓

q

 

このようなストレッチがあります。

是非やってみてください!!

 

どんなケガでもセルフケアは非常に大事になります。

疲れてる時こそケアを怠らないようにしましょう!!

 

 

 

2016.07.24更新

こんばんは!!
先日から夏の高校野球地方大会も始まってきていますね!!
今月も引き続き野球の障害についてお話していきます!!
今月は学生野球でよく起こってしまう怪我の一つの野球肘についてです。

 

野球肘とは?


 

主な症状は名前の通り肘への痛みです。
ただし、やっかいなのは初期症状がほとんどないと言うことです。
初期に感じるのは投球時の若干の違和感のみであり、この段階で野球肘を疑うのは大変難しいです。
この段階で気付く事ができれば幸いですが、多くはこの次の段階まで進行します。
すなわち、肘への刺すような痛みや関節の可動域の縮小、炎症により表れる熱感です。
ここまでの進行を持って

病院を受診される方が大半です。最も大切なことは早期の治療です。
ですので、本人だけではなく指導者や保護者がこれらの症状について深く理解しておくことを推奨致します。
知識があれば、最初の違和感を感じた段階で対処できるケースが多いです。

 

野球肘の原因は?


 

野球肘も特に学生には多い症状です。
野球肘の多くの原因はオーバーユースいわゆる使い過ぎです。
使いすぎの目安として
小学生は1日約50球、週200球以内、投球は週3回
中学生は1日約70球、週350球以内、週1日以上の休養日
高校生は1日約100球、週500球以内、週1日以上の休養日
とされています。
これ以上の投球動作は肘に負担が大きくなり野球肘となってしまうことがあります。

 

野球肘のセルフケア



なにはともあれ、やはり予防が第一です。
まずは怪我をしないように予防する事が肝要です。そのために必要なのは、筋肉量の増加などです。
単にトレーニングをするのではなく肩周りの内側の筋肉を動かしてあげる必要があります。
今回はいくつか家でもできる予防の為のチューブトレーニングを紹介します
①外側に引っ張る

あ


②内側に引っ張る

q

※二つとも肘を身体にしっかりつけて動かしてください。

といったようなトレーニングがあります。
このトレーニングは小さな筋肉を使っているためあまり効いている感覚が少ないですが、
野球肘や野球肩の予防・改善につながるトレーニングになっています。
継続してやってみてください!

〈アイシング〉

怪我後の応急処置としてアイシングは最も一般的な処置方法の一つですが、
野球肘への対処としても効果的です。
違和感、痛みを感じた時は患部の炎症部分にアイシングを試してみると良いでしょう。
また、予防にも効果があるのがアイシングの凄い所です。
トレーニング後もアイシングは効果を発揮しますので積極的に利用しましょう。

 

今月は野球肘について話していきました。
セルフケアをしっかり行ってケガしないようにしましょう!!

2016.07.10更新

こんばんは!!

今月の豆知識は先日から紹介している

野球で起こるケガに二つ目である腰椎分離症についてです!!

 

 

腰椎分離症とは?



腰痛(腰のベルトのあたりの痛み)の場合と、お尻や太ももの痛みを出す場合があります。
痛みは腰を後ろにそらせた時に強くなります。

腰痛は10~15歳ころから生じますが、青少年から高齢者まで広い範囲にわたって腰痛や下肢痛・しびれが出ます。

 

どうやって起こるの?



多くは体が柔らかい中学生頃に、ジャンプや腰の回転動作を行うことで腰の後方に亀裂が入って起こります。「骨折」のように1回で起こるわけではなく、スポーツの練習などで繰り返して腰をそらしたり回したりすることで起こります。一般の人では5%程度に分離症の人がいますが、スポーツ選手では30~40%の人が分離症になっています。

 

痛みを改善するためのポイント


 

主に筋肉にアプローチして改善させていきます。

1.    腰の圧迫を減らす

2.    腰や股関節周囲、お尻の筋肉の緊張をゆるめる

1.脊椎の圧迫を減らす
本来腰骨は、腹圧で支えられます。

 a

インナーマッスルは、お腹を引っ込めるようにして腹圧を高め、
体の内側からの圧力で脊椎を正しい位置で支えます。これらの体幹インナーマッスルの力が低下すると、

腰を支える力が弱くなり、一部分が圧迫されることになります。

腹圧低下 ⇒ 脊椎圧迫 ⇒ 分離やすべりが生じる。これが腰椎すべり症・分離症の原因です。

したがって、腰椎すべり症・分離症による腰痛や坐骨神経痛を解消するには、

腹圧を高めて脊椎を支える力を回復し、脊椎の圧迫を取り除く(除圧する)ことが必要になります。

腰の痛みを解消する方法。

筋緊張をおこしている筋肉をゆるめ、血行を改善して筋肉をゆるめ痛みを改善します。

痛みの原因になっている筋肉だけではなく、その周囲や全身に対しても好影響を与えますので

痛い部分だけでなく全身の血流が良くなり、痛みやシビレなどの症状が改善していきます。

腰痛や足のしびれの意外な改善ポイント“足関節”

足関節(足首)から下は人間の身体のいわば土台です。その土台がふらふらしてしまったり、

身体全体に歪みが生じてしまうことになります。足関節が安定しないとその上にある膝関節や股関節
さらには骨盤に負担がかかることになります。そうすると股関節、骨盤周囲の筋肉に過度な緊張がおこり、

坐骨神経痛様の痛みがおこることになります。

 

少し難しい内容にはなってしまいましたが、是非参考にしてみてください!!

2016.07.02更新

みなさま、こんにちは!

 

せせらぎに新しいミニカーが仲間入りしました!

今まであったトラックに加え、

プーさんのバスとトイ・ストーリーのハムの車!

おがわとふるやがディズニーから連れて帰ってきました◎

 

お子様連れも大歓迎なので、

ぜひぜひこのミニカーで遊んでいただければと思います☆

 

11日月曜日から

月曜午前は女性スタッフdayになります!

ぜひぜひ赤ちゃん連れでいらしてください!!

 

みなさまのご来院お待ちしてます◎

あ

2016.06.26更新

こんばんわ!!

今日は前回から始まった野球のケガについてです!!

 

マレットフィンガーとは?



みなさん、マレットフィンガーとか槌指って言われてどんな症状なのかイメージできますか?槌というものを知っていればどんな感じか少しイメージできるかもしれません。

z

要はハンマーのような指ってことですね、指の一番先にある関節が伸びなくなって、常に曲がった状態になるので、このような呼び方になったのです。

野球やバスケットをしていて、どうしてもボールで指を衝いてしまい、痛めたことはあるのではないですか?

その突き指の原因と同じで、その衝撃を受けた時に指を伸ばす筋肉の腱が切れたり、その腱が付いている骨を引っ張り骨折してしまうことがあります。

 あ

それにより、指を伸ばすことが出来なくなり、マレットフィンガーとなってしまうのです。

 

治療はどうする?



基本はまず指を衝いてしまったときに腱が原因なのか、骨は無事なのかの確認のためにレントゲンなどで診断しておくことが大切です。

指を衝いたときにおそらく腱や骨の付着部に炎症が起きていることがおおいので、始めの時は15分ほど冷やしておかれた方がいいかと思います。

もし、骨に異常があった場合は手術しなくてはならないこともあります、ただ指を衝いただけだと放っておくと指が変形したままになってしまうかもしれませんので、一度は検査を受けておきましょう。

基本的には指を進展させた状態で約6週間固定を行いますが、この固定期間が十分に得られないと変形が残る可能性があります。

もし、ケガをしたのが日曜などで、病院が開いていないときは何か添え木になるものを見つけて指を伸展位に固定しておくと良いと思います。

炎症が起きているかもしれませんので、お風呂につけるのは控えたほうが良いでしょう。

ここで気になるのがスポーツをしている子に対するリハビリの期間、たかが突き指程度、と思ってしまいがちなスポーツ選手ですが、(僕もそうですが)

指先には細かな動きがとても大切なのは言うまでもありません。

特に野球などは指の変形はとても影響しますよね、ピッチャーならなおさらです。

確実に変形を残さないためにはしっかりとしたリハビリテ―ションが必要です。

以下にリハビリの基本形を乗せておきます。

受傷直後(急性期)~3週

応急処置としてRICE療法を行い、症例によってはギプスなどで疼痛や腫張対策に努めます。

3~6週(固定除去)

局所の安静期間は終了するので固定を除去します。

そして、タオルを軽く引っ張ったりといった、可動域を広げる訓練を徐々に行います。 

4~8週(トレーニング開始)

ゴムチューブなどを使って少しずつ筋力強化を行っていきます

8~12週(競技復帰時期)

パス練習などを徐々に再開します。

指立て伏せなどの、衝撃は受けないが指に強い負荷が加わるトレーニングを行います。

競技復帰に向けては、心理的安定感のためにテーピングを用いることもあります。

約2ヶ月から3ヶ月ほど競技復帰にはかかることになります。

 

まとめ



マレットフィンガーは、つき指の原因とほぼ一緒です。

なってしまったときにいつもと違う感覚や曲がった状態の時はすぐに病院に行くか

棒などで固定して変形したままにならないようにしていきましょう!!

前へ

営業時間

  • 月・火・水・金

    午前 9:00~13:00
    午後 15:00~20:00

  • 土・日・祝

    終日 9:00~18:00

  • 定休日

    木曜日

アクセスマップ

せせらぎ鍼灸整骨院 中原院
神奈川県 川崎市中原区下新城
1-10-6 戸田ルーベンス1F

駐車場あります!

詳しくはお電話でお問い合わせ下さい!

TEL : 044-750-9545

交通事故取扱

当院は、交通事故後の治療にも対応しております。お電話でのご相談も可能ですので、お気軽にご連絡ください。

赤ちゃん連れOK!

赤ちゃん連れOK!

当院では、お子様連れの患者様も大歓迎しております。お子様用のタオルやおもちゃ・絵本のご用意もあります!

お着替えあります!

お着替えあります!

お仕事帰りでの格好で来院されても、院内でお着替えいただけるので、服装を気にせずお越し下さい。